日本バードカービング大賞を受賞して

コンクールの最高賞「日本バードカービング大賞」に
選ばれたことをたいへん嬉しく思っています。

1982年2月 偶然、手に取った雑誌でバードカービングを知り、
初めてスズメを作りました。
子供の頃から小鳥を飼い、鳥好きな私にはぴったりでした。
興味が深まり自己流で作っていた1984年、内山春雄氏との出会いで
さらに本格的に取り組みました。自分のイメージを形にしていくのが面白く、
バードカービングを楽しんでいるうちに30年が過ぎました。

「偶然出会ったものを宝物にする力(セレンディピティー)が大切なんだなぁ。」
とこの頃しみじみ思います。
昨年1月 秋川から八王子に抜ける裏街道で  
突然、キクイタダキの群に出会いました。
こんな里まで降りてくるのは珍しいことですが、
小さな体のキクイタダキが枝を渡るのを見て
とてもワクワクしました。

「フィールドで観たキクイタダキの俊敏さを
表現したい。」

この思いから作品作りはスタート
しました。
「跳躍するように枝をわたる俊敏さ
を伝えるにはどうしたらよいのだろ
う」と考え、イメージ図を描き、
デザインを繰り返しました。
高い所を移動するのを表現するた
めに、数十メートルにも伸びるヤシ
ャブシのてっぺんの枝先をあしら
い、どの角度から見ても美しいと感
じられるデザインを心がけました。

俊敏さを表現するために、足は枝を握り込まず、前指3本が
枝から離れているのが望ましいと考え、銅のパイプで作った
枝と真鍮の足をピンポイントでハンダ着けし、枝から浮き上が
ったようにしました。三羽が枝から徐々に飛び立つデザイン
は、 三羽が枝を渡るように、あるいは、1羽の飛翔を分解写
真的に表現したように感じていただけるでしょうか。

      これからも、真摯に作品制作に取り組んでいこうと思います。

戻る