環境大臣賞受賞作品





 制作にあたり、以前は正確性や細密な技術にこだわっていましたが、ここ数年、「芸
術性の高い作品とは何だろう。」と考えています。答えを模索するため、彫刻展はもち
ろん絵画や書の展示に足を運び、さまざまな作品と向かい合いチャンスがあれば作
者の思いをお聞きしました。時間がたつにつれ、自分が好きな芸術性の高い作品は
「質感、量感、存在感」を持った作品だと少しずつ整理されてきました。つまり、芸術
性の高い作品は、素材本来のもつ美しさ(質感)、大きさがもたらす迫力(量感)、周りま
で巻き込む空気感(存在感)、この3点を兼ね備えていると感じ、それを支えているの
が正確性、技術力ではないかと考えています。その考えを形にしたいとの思いで取り
組んだのが今回の「帆翔」です。


 まず、悠々と上昇気流をとらえる二羽のミサゴをデザインし、高さ20cmのクスノキで
習作を作りました。いよいよ本番。2羽のミサゴを一木で作りたいと考えていたので、
長さ2メートルのケヤキは硬く手強い素材でしたが、チェーンソーでの荒彫りを彫り進
めました。当初、35kg以上あったケヤキのかたまりを彫り進むうちに3.5kgまで軽くな
り、40kg以上あったカリンの台座は、宅急便で送るため内部をえぐり25kgにしました。
いろいろな課題も見えてきましたがダイナミックに削ぎ落とし、イメージを形にしていく
のはとても楽しい作業でした。作りたいアイデアはあふれてきますので、よい木に恵ま
れたらまたチャレンジしたいと思っています。


 バードカービングコンクールは19回を重ね全国からの出品があり盛り上がっていま
す。この盛り上がりが一過性のもので終わらず、アートとして認められ、多くのファン
に愛され続けて欲しいと思っています。そのために、これからもバードカービングコン
クールに参加し盛り上げると共に、バードカービングの世界にとらわれず他の彫刻展
にも挑戦してみたいと思っています。絵画などの芸術性豊かな作品と共に展示するこ
とで多くの事を吸収し,

上昇気流をとらえ大空を悠々と飛べたらいいですね。



戻る